方針より凄いものはないとわかりながらも懊悩に足掻く

——目下というこういう瞬間を踏ん張れるだろうか。
脈拍の高鳴りに付け加え、ひいては凄い耳鳴りと恩情のない頭痛が互い違いに襲い掛かって現れる。
あの手この手で目の前に要る悪魔のようなダディーに蟻地獄へと突き落されみたいになる一方で、あたいは奇しくも亡きパパとの押し問答を思い浮かべていた。
「確かに、長いあいだフィールドで商いに携わっていた私としては、そういう報告が起こることは由々しきヤバイと思います」
極悪はアクセスを組んだとおりきつく、何度も小刻みに頷いて要る。
「私のところ、物心ついたケースから男に『国は利益です』という独りよがりを叩き込まれながら育てられてきました」
一気にこれは何を言っているのかと言わんばかりにダディーは拍子抜けしたような面構えに陥る。
「しかし、新聞紙配達をやるうちにそういう無駄口は考えなくなりました。必須というのは、何と言いますか、こう……」
顔合わせ官は訝ったような面構えを崩さずに掛かる。が、かといってそこには前述までの不敵そうな笑顔もない。
心なしかあたいが訴えようとやる必須観について興味を持ってくれているとも見て取れる。
だがしかし、あたいは肝心の次に貫く字を引き出すことができない。
「必須というのは、その……」
暗中模索で次に貫く字をあたいは試行錯誤やる。
「必須というタイプ、は……?」